笑顔(^o^)届け隊! 第10陣
2011年9月10日〜11日
東日本大震災発生から半年、そして笑顔(^o^)届け隊!は第10陣と節目の活動となる。

石巻地区は発災から6ヶ月にしてようやく仮設住宅が整いはじめた。
ほとんどの避難所は10月中旬で閉鎖するらしい。

今後は仮設住宅で住民同士のコミニケーションを図る活動を行おう。
せっかく助かった命だ、ここで孤独死などあってはならない。

9月10日、初日の活動は開成第9
団地、80世帯の仮設住宅だ。
前回の第7団地の2倍の規模だ。


今回の活動は炊き出しのバーベキ
ュー、プランター作り、お誕生日プレ
ゼントのお渡し、リコーダーの演奏、
お話を聞いたり将棋を指したり。

そして手作りベンチのプレゼントなど
など。


そして体力に自信がある人は側溝の
清掃を行う。


今回の第10陣の参加者は25人
手分けして作業に臨む。
支援者から預かった支援物資を仮設
住宅の皆さんにお届けした

「ご自由にお持ちください♪埼玉 川口
笑顔(^o^)届け隊!」
手作り感が漂う看板がいい。

ご婦人たちのガールズトークが始まった、
いい笑顔だ。
BBQの準備を行う、80世帯という
大規模な住宅だけに準備も大変だ。



男性陣は会場設営、炭の火起こし、
女性陣は野菜切りなどを住人に手
伝っていただく。
BBQパーティーが始まった。
住宅の前庭と談話室に大勢の
皆さんに集まっていただいた。

リコーダーでパッピーバースデー
を演奏してお誕生日プレゼントを
お渡しする。

楽しい時間を過ごした。
一方、体力自慢の隊員は側溝清掃を行う。

津波に流された土砂やガレキで側溝がつ
まり下水が使えなくなっている。
また害虫の発生や悪臭も漂う。

今回も前回と同様、石巻市立湊小学校の
近くで行った。

まず、専用治具で側溝のふたをはずす。

底をくり抜いたバケツに袋を入れてヘドロを
投入する。
バケツを取り除けば土嚢の出来上がり、
ナイスアイディアだ。

溝がきれいになったらふたを戻し土嚢を
運び出す。

周りの砂利をならし消毒して作業終了。

日曜日の午前中は全隊員で作業したため
思いの他作業がはかどった。
達成感を抱きつつ震災から半年経った石巻を後にした。

←参加者の感想

Photo by ひとし.









 
inserted by FC2 system